*

松屋@桶川市(埼玉のうどん)


※カテゴリーを「武蔵野うどん」から「埼玉のうどん」に変更しました。

GWは休みがいっぱいとれたので、久しぶりに連日投稿してみようと思いつつ、昼間から酒を飲んで寝てしまうことが毎日。おかげさまで疲れは取れたかなとは思っております。。

例によって武蔵野うどん&田舎うどんさんのブログを見て行ってみたお店、埼玉県は桶川の松屋。
結論から言うと、埼玉武蔵野うどんの中にあって自分の中では現在最好み。リピート必至というか短期間に3回行きました。自分の中で埼玉最強レベル。

最初に訪れたのは東日本大震災後間もないころ。ガソリンスタンドが並ばずに入れるかどうか、微妙だったころ。
申し訳なさを感じつつ車で移動(言い訳ですが、タンク残ガソリンでの移動ではありました)

店の近くに公共コインパーキング。
計画停電の影響で無料開放だった。これまた複雑な気持ち。偽善かも知れませんが。

110506-01

うどん。
概観も歴史を感じるが内観はさらに昭和風情。
いくつかのテーブル席に、奥に一段上がったところにお座敷。
というか、満席。
手前のテーブルに勝手に相席ですわりました。すみません。

110506-02

品書きに肉汁はない。
他の客は、もりが半分、かけ系のうどんを食べてる人が半分、相席の人はカレーうどんだった。
件のブログ情報にて、肉汁も頼めることを情報として得ていた自分は、愛想の良い店員に肉汁があることを確かめ、肉汁を注文。
それが↑。
旨い。
灰色がかったうどんは茹でたてではなさそうだったが、適度に表面が荒れていて、適度に硬く、適度に小麦がギュッとしている。なんというか自分にとって理想的な武蔵野うどん。コシの強さや麺の太さは埼玉的でもある。多摩のうどんともまた違う。実に絶妙。
裏メニュー(?)の肉汁は、肉たっぷり。表メニュー(?)の肉うどんの組み立てを流量しているのだろう。満点!

というわけで、このあと2回再訪する。
今後も再訪し続けるであろう。

110506-03

まずの再訪は相席の客が食べていたカレーうどんがあまりにうまそうだったので、カレーうどん。
カレー自体は特筆すべきものではなかったが、まったく正しい日本のカレーうどん。とろーりして出汁も効いている。そしてこの麺は暖かいのが実に良く似合う。
さらにこの日、この店でもあつもりもできることを知る。

110506-04

ということで、再再訪はあつもり、肉汁。
間違いない、旨い。
この前もチラッと書いたが、武蔵野のうどんにはあつもりがよく似合う。こうした典型的な素朴系武蔵野うどんにはあつもりである、というのが自分の今日この頃の考えだ。新規訪問店であってもこのところもっぱらあつもりだ。旨いし。
考えてみるとあつもりみたいな食べ方をするうどんは他にあっただろうか?

松屋
埼玉県桶川市寿1-11-18
TEL:048-771-1608

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Comment

  1. 田舎うどん より:

    松屋さんいいですね
    自分も大好きなお店です

    うどんも茹で置き
    天ぷらも揚げ置きなのに
    何度も食べたくなってしまう
    そそお店の近くのコインパーキング
    通常1時間以内なら無料です

  2. eg より:

    田舎うどん様
    コメントありがとうございます。
    いつも参考にさせていただいております。ありがとうございます。
    茹で置きとかまったく関係なくまた食べたくなるこの店の魅力は何なのでしょう!
    県民ショウはうどんを取り上げてくれたまでは良かったのですけどね。
    というかうどんサミットには呼んでもらいたいな、とか。。

    さておき、これからもよろしくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •