*

吉祥寺麺通団@吉祥寺(讃岐うどん(関東))

吉祥寺麺通団に行きました。
考えてみると麺通団の店は新宿の東京麺通団にしか行ったことがなかった。
名古屋と大阪の店は閉店してる。今は東京の新宿、吉祥寺、水道橋、と福岡に店があるのかな。
と、麺通団のHPを見ながら確認してるんだけど、「東京麺通団 茅場町食堂」?これはなんじゃろ。どういうコンセプトなのかな。今はそういう店もあるのね。

ともかくも。
そんななか新宿以外で一番自分が行きやすい吉祥寺麺通団へ。
吉祥寺に用事もあったからだけども。

R0017581

ヨドバシカメラの裏の道、商店街からはすこし外れた宅地の一角にひっそりと。
しかし昼を少し外れた時間帯ながらなかなかに賑わっている。
新宿の麺通団よりはだいぶ狭いけど、一般的なうどん店よりはだいぶ広い。
麺通団的用語でいうところの大衆セルフの店であるから(用語の説明は省きます)、厨房に隣接するカウンターで注文を発し、うどんの入った丼を受け取ってカウンターを前に進み、別皿に天ぷら等のオプション(麺通団的用語)をチョイスして、カウンター最奥のレジで代金を支払う。
このときネギやゴマやショウガをトッピングできる。
という、今や東京でもはなまるうどんの進出からはじまる讃岐うどんセルフ店の流れで一般的になっているスタイルであるが、麺通団ならではなのは本場香川の大衆セルフ店同様、出汁を自分で注ぐことができる点である。
自分で出汁を注ぐ、というのは香川のうどん店では割りと一般的であるが、それを東京でも再現している店は、自分は麺通団でしか知らない。吉祥寺の麺通団ももちろんそのシステムを採用。レジのさらに先に出汁を注ぐレバーが備えられていて、各自出汁を丼に注ぐ。

でもって、自分はこの出汁を今回丼には注がなかった。
なぜか。
注文した品がぶっかけうどん、それもこの店独自のメニューであるかまぶっかけだったからである。
ぶっかけ、というのは端的に言うと、ざるうどんのつけ汁を最初からうどんに「ぶっかけ」たということに発するものであるから、かけ汁はかけないで食べる、讃岐うどんのメニューの一つ。
普通は水で〆たうどんに冷たい(もしくは熱い)ぶっかけ用のつゆをかけて食べるものであるから、そのまま(かけ出汁を注いだりせずに)食べるものである。

自分は讃岐うどんで普段あまり「ぶっかけ」や「釜玉」などの「かけ出汁」を用いないメニューはあまり注文しない。それらのメニューもすごく好きなんだけども、いざ食べる時はやっぱりかけ出汁を味わいたくなるからなのです。毎日讃岐うどんを食べれる環境ならばまた違うのだけども、しかしこればっかりは致し方ない。

で、何が言いたいかというとこの吉祥寺麺通団の素晴らしいところは、そうした「かけ出汁」を使わないメニューを注文した人にも救済があるところ。レジの横に汁椀が置いてあることに気づき、レジの人にこれにかけ出しを入れてよいか尋ねたら、どうぞとのこと。嬉々として椀に出汁をたっぷり注ぎ、ついでに刻みネギも入れた。うむ。

どうやらこのシステム、吉祥寺麺通団では常識らしく、後客は釜玉などの注文ののち、実に自然に汁椀にかけ出しを自分で注いでいた。なるほど。

R0017580

ぶっかけうどんにかけ出しを付けることができると言うことに感銘を受けたことを伝えたい一心でここまで長文を連ねてしまいましたが、そういうことなのです。
釜揚げうどんのぶっかけうどんという、本場讃岐でも見たことのない珍しいうどんもうん、しっかり旨いうどんでした。個人的にはぶっかけの汁も熱い方が良かったかな。「ひやあつ」を堪能できるレベルに達してない所詮部外者、にわかの讃岐うどん通なのです。。釜揚げのうどんはあまり釜あげ感はない感じ。厳し目で評価するとそんな感じ。

しかし。
麺通団は商業的ではあるけれども、ものすごく讃岐うどんを分かってるうどんであるから安心して旨いのだ。本場の讃岐うどんを、えーと、75%くらい再現している。旨い讃岐うどん店は最近は東京でもいくつもできているけども、決して再現度は高くない。なんでかは知らない。
だけどもだから、75%(個人的体感)でも再現出来てるのはかなりすごいこと。麺通団が何であるかを知らない人や讃岐うどんを本場で食べてない人にはまあ単に巷の讃岐うどんチェーンのうちの一つとして捉えられてしまうかもだけど。
とは言え美味しいものに人は敏感。実に賑わっていた吉祥寺麺通団でした。
水道橋の麺通団や、先の茅場町の店にもいずれ行かなくてはなあ。
と認識しました。


吉祥寺麺通団
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-15
TEL:0422-21-1210

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •