*

塩崎うどん加須市@(埼玉のうどん)[閉店]

ご無沙汰しております。皆様、いかがお過ごしでしょうか。。
私目はややもっていそがしい(振りをしてます)ですが、相変わらずうどん店探訪は機を見て行っておりますです。
特筆したいうどん店も結構貯まってる次第ですので、ようやく更新致しますです。

ということで、前回と全く同じ書き出しをしたところで。。

今回特筆したいうどん店ナンバーワンがこちら埼玉県は騎西町の「塩崎うどん」だ。
騎西町というのは加須市に隣接している。加須といえばうどん的には加須うどんである。
そしてそれに隣接している騎西町もまたうどんの町であるようだ。
※2010年3月、合併により加須市となりました。

081212-01

すっかり家々に埋もれているのが「塩崎うどん」。

081212-02

081212-03

色々メニューある中に肉つけ汁うどんがあったので、それを注文。
しかし、まわりの客の注文を見るに、単なる盛りうどんが主力のよう。
加須うどんも本来そう。さらに北方群馬までいくと、完全に盛りうどんが主力。
単にうどんと言ったら盛りうどん。
ここら辺り以北は盛りうどん主体、なのだろう。
そして以南の肉汁うどん。
同じつけ汁うどんながら、この辺に線引きを感じる今日この頃。
考察はあるが、また次回以降に。

081212-04

いんげん豆は北関東うどんの原初と考える。
のりはやや珍しい。
つけ汁のタマネギは少数派。
かまぼこは初見である。
色々考えさせられるが、こんなことで色々考える人(自分)は、ちょっとおかしい。

それにしてもこのうどん、とても旨い。
白くきれいに揃えて盛られたうどんは、武蔵野~北関東うどんにらしくないが、固めのしっかりしたうどんは、まさしく関東のうどんを体現している。
タマネギベースのらしくないつけ汁はオリジナリティがあって実に旨いが、本来は単なる盛りうどんで食すべきか。
いずれ再訪して盛りうどんを食そうかと思う。
再訪、再々訪に値する稀少なうどん屋なのでした。

081212-05

塩崎うどん
埼玉県加須市騎西1238-5 1238-5
TEL:0480-73-0413

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Comment

  1. 石渡美樹 より:

    塩崎うどん店ですが、2年前に閉店してます。

    • eg より:

      石渡さま
      閉店情報ありがとうございます。雰囲気ある良いお店でしたが残念です。。

      • 石渡美樹 より:

        私も残念です。
        幼い頃から慣れ親しんだ味でしたので。

        • eg より:

          自分は結局この時の一度きりしか行けませんでした。
          すごく温かみのあるお店で印象的だったのを最近の事のように覚えています。

  2. ナナ より:

    塩崎うどんのことを覚えていてくださり、ありがとうございます。
    私は店主の姪になります。
    残念ながらお店は閉めてしまったのですが、こうしてブログに店の名前があるのをみつけ、嬉しくてコメントしてしまいました。
    本当にありがとうございました。

    • eg より:

      ナナさま。返信おそくなりました。
      お店のご親戚の方とのこと、貴重なコメントありがとうございます。
      だいぶ以前に一度行ったきりのお店なのですが、とても印象に残っています。
      この時他のお客さんもいて、常連の方々にとても愛されている感じ、お店の暖かい雰囲気を感じたのをよく覚えています。
      (あ、すぐ上でも同じようなコメントしてました)
      閉店は残念。。結局一度しかうかがえず。
      こちらこそありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •