*

田村@綾川町(讃岐うどん)の旅(16)

香川、次の店は「田村」

「がもう」を出てずんずん南に行くと、家も田んぼも無くなってきて、そしていきなり「田村」はあった。

060203tamura

うどん、と看板は出ているものの、ここも外観はとてもうどん屋ではない。
営業しているかどうか、のれんも出ていないので分からない。というより、ぱっと見、入り口がどこだか分からない。正解は、建家からつきだしている、灰色のプレハブのような建物が店舗だ。
サッシをおそるおそる開けて中にはいると、壁際にカウンターがある。その奥の部屋が厨房になっている。厨房に入らないとうどんを注文できそうにないので、ずんずんと厨房に入り込んでうどんを頼む。つか、どう頼んで良いのか分からない。よく分からないが、気付いたら丼を手にして、うどんをゲットしていた。
讃岐うどんは注文の仕方が分からないことも多いが、まぁ、その辺何となくで、うどんをゲットすることは出来るのだ。過剰な心配は無用なのだ。

てことで、うどん。

060203tamura-2

見るからに旨そうだ。
そして、実際旨かった。
香川1泊2日の旅、2日目は当たり日だった。
朝から3軒連続で、文句なしのウマー店である。
しかも、この田村以降も当たり店は続くのであるのである。。

※食べ終わったら、丼を返しにまた厨房へずんがずんがと入り込むのだ。


田村
香川県綾歌郡綾川町陶1090-3
TEL:087-876-0922

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •