*

桜井うどん@富士吉田市(吉田のうどん)

今日も今日とて、なおも吉田うどんで責め立てる!
何が自分をそうさせるのか!?
よく分かりません(>_<)

とにかくも、今回は吉田うどんの老舗、時には元祖と呼ばれることもある「桜井うどん」だ。まあ元祖かどうかは自分には知るよしも無いが、老舗であることは間違いない。
店の雰囲気が歴史を感じさせる。

051017sakurai

外観は、まあ普通か。
てか、並んでるじゃないか。
何を隠そう、自分は並ぶの大嫌い人間だったのだ。
実はココに来る前、行列の出来ていた美也樹という店をパスしてきたのだ。
しかし並んでいるからといってここもまたパスするのも、もうめんどくさい。
しぶしぶ、行列に加わる。
何回か前にも書いたがとにかく富士吉田市のうどん店密度は尋常ではない。
それにも関わらず、あちこちの店で行列が出来ている。
吉田市民はうどん食べ過ぎだ。(←自分のことを棚に上げながら。)

さっき言ったこの店の歴史を感じる雰囲気は、のれんをくぐるとすぐ分かる。

051017sakurai-2

入ってすぐ左手に年季の入った木製のおかもちが置かれている。
厨房へつづく通路の両側に一段高く座敷があり、四角いちゃぶ台が並ぶ。
レトロだ。さらには奥の厨房は土間をコンクリで固めたような作りだ。
壁には一面に有名人達のサイン色紙が貼られている。

列に並びしばらく待って、空いた席に腰を下ろす。
4人一家と相席だ。真後ろから扇風機が吹き付ける。
風に吹かれつつ、家族の間に所在なげに一人ぽつねんと座っているのはさすがに居心地がよろしくないので、空いた別の席に移りました。。

この店のメニューは、あったかいかけうどんか、冷たいつけうどんか、2種類だけだ。
この日3軒目の自分は、さっぱりしたいので冷たいのを頼む。

少し待つ。
うどん出てくる。

051017sakurai-3

どうよ。ゆでキャベツののった盛りうどんなんて見たこと無いでしょ。
しかしココ富士吉田では、このスタイルがスタンダードなのだ。
このキャベツを付け合わせた元祖が「桜井うどん」と言われることがあるようだが、本当かどうかは誰か教えて。

ねっとりした感じのすりだねを、刻んだ油揚げが浮かぶ付け汁に溶かして、うどんを付けて食べる。
うん、うまい。
老舗の看板は時には信用できない事もあるが、さすがに行列が出来るだけのことはある。
ぽくぽくした食感は、やっぱり武蔵野うどんとの共通点を感じるなー。

なお駐車場は店から道をすこし進んだ先にある。
が、満車であった。
コインパーキングみたいなのを探すが、そんなのは見つからない(てか、たぶん無い)
市営駐車場を見つけたが、草ぼうぼうで怪しい。
開閉式のバーがある入り口に車を入れるが、バーは開かない。
壊れてる?
いや、土日は使えないらしい。。
というか、この分だと平日もやってるのかどうか非常に疑わしい。

まー、それでもなんだかんだで車を止める場所はある訳で、、

おしまい。


桜井うどん
山梨県富士吉田市下吉田93
TEL:0555-22-2797

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •