*

川野屋本店@桐生市(桐生うどん)

はてさて、@桐生での2店目は「川野屋本店」です。

桐生のうどん屋を調べていて、ここが有名店であると知った。
しかし「本店」なんて付いていて、やけに堅苦しい。きっと大店舗で観光客目当ての面白くもない店なのだろうと勝手に想像して候補の後回しにしていた。
しかし、他の当てにしていた店が休みだったり、見つからなかったりで、仕方なくここ「川野屋本店」に向かった。

着いたお店は、こんな感じでしたー。

050811kawanoya

はにゃー?イメージと違うですよー。
情報では駐車場があるはずなのだが、見つからない。

050811kawanoya-2

いや、店の脇にやっと停めれる駐車場ありましたです。

大店舗で、こじゃれてて、、なんて勝手に思い描いていたイメージは、まったく的はずれなものでした。
中にはいると、主人らしきおじいさんが客席に一人ぽつんと座っておりました。中はこんな感じー。どーよ。(味ありすぎ)

050811kawanoya-3

で店主のおじーさんがおもむろに一言、「うどん無いよ」

(えーっ)

ちょっと早いとは言え昼時ですよ。だいたい店開いてるじゃん。

説明聞いてもよくわからないんだけど、とにかくうどんはこれから打たないと無いので、今出せるメニューはごま汁の冷やしうどんだけらしい(たぶん麺がそれだけ別なのでしょう)。しょうがないのでそれを頼む。ずいぶん色々メニューあるのになあ。

050811kawanoya-4

さらには、「ちょっと出前のを作ってからだから、しばらく待ってて」って。
んでもってしばらくすると、うどん持って店を出て、自転車乗って出前に行ってしまいました。
(うどん、あるじゃん。。)

チャリンチャリン。

その間、店には自分一人です。なんだか孤独です。
おじいさん帰ってきて、やっと自分のうどんを作り始めてくれました。

うどん出てきました。こんな感じです。

050811kawanoya-5

ごまだれより普通の醤油ダレのほうが好きなんだけど、もうこの店は店主のおじいさんのキャラだけで十分です。
いや、味も間違いない。おいしいです。
んー。次は違うメニューを試したいです。(ありつけるのだろうか。。)

このあと別のお客さんが2組やってきました。
どちらも、やっぱり「ごま汁冷やしうどん」しか出せないと言われてました。
最初の家族連れは渋々ソレを頼んでました。
次の2人連れは何も頼まないで出て行ってしまいました。

「~本店」という名前から想像していた店と、こんなに違った現物の店とのギャップから、なぜだか「~本店」という呼称が気に入ってしまいました。

ということで、ここから「Eg-Blog」は「本店」となった次第です。
2014.5.1追記:本ブログの前身ブログが「Eg-Blog本店」というブログで、そこでうどんの記事を書き始めたのがこのブログのきっかけなのです。この記事はそのEg-Blog本店で書いていた記事です。)
ですので「Eg-Blog」に「支店」はありません。あしからず。
「川野屋本店」には分家もいくつかあるっぽい。
そのうちの一店は「川野屋本店あいおい」
って、あんた本店じゃなくて支店じゃん!

ではまた。


川野屋本店
群馬県桐生市仲町3-9-1
TEL:0277-44-5630

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •