*

小浜食堂@観音寺市(讃岐うどん)


2011年3月訪問

先日の大阪「讃く」の天中華で思い出した。
何年か前に香川で、同じようにうどんとラーメンの合わせ技のやつを。
いつのどこの何だっけ。

130414-01

小浜食堂の中華うどんだった。
「讃く」の天中華とは逆で麺はうどん、汁が「中華そば」の汁になっている。 (あえて「ラーメン」ではない)

ここ数年ブログの更新が極端に滞っていた。忙しかったといえばそうかもしれないし、そうでもなかったとも思う。
その間、しかしうどんを訪問するペースはあまり変わらず。
記憶に残らない店も多かったが、記憶に残る店も多く。。
再訪するのも大変だが、ここに書かないのも何だかもったいないので、当時の写真と記憶を頼りに少しずつ書いてみたい。
お許しを。
(当時のままとは限らないので、訪問年月を冒頭に書くことにする)

130414-02

130414-03

130414-04

海がすぐそば、小さな港町。静かでとてもゆったりしている。
なぜか懐かしさを感じる。日本人の琴線に触れるそんな場所。

130414-05

真ん中左の暖簾がかかる店が「小浜食堂」。店内ものんびり昭和な雰囲気。
うどんより中華そばのほうが人気なのかな。うどん目的の自分もつい冒頭の「中華うどん」なんてのを頼んでしまった。
しかし町に流れる空気そのまま、極めて優しい味わい。ひたすらふわっと甘い汁は「今時のラーメン」なんてのではなく、とは言え東京の昔の「中華そば」でもない。こちら香川での「中華そば」はこのようなものなのだろうと思わせる。
うどんの麺もしみじみふわっと優しい。伸びやかだったり剛だったりする「今時の讃岐うどん」では全然ない。
町の空気感そのものを凝縮したようなそんな「中華うどん」でした。

…とはいえ「うどん」と「中華スープ」がマッチしてるかというとあんまりそうでもなく。。次行く機会があれば、「中華そば」か「うどん」をちゃんと食べると思います(^▽^;)


小浜食堂
香川県観音寺市室本町267
TEL:0875-24-0250


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •