*

かしやま@田端(路麺(関東))

最近は立ち食いそば屋を積極的に探訪している。
このところ休日に遠出する余裕がないのも理由の1つではある。
しかし、立ち食いそば屋のうどんは東京におけるうどんの最もポピュラーな形態の1つである。
そんな立ち食いそば屋のうどんを改めて探っていきたいと思ったことが、もっともな理由である。

うどんを食べるのに立ち食い「そば」屋と言うのは不本意であるが、仕方がない。
蕎麦を粋とし、うどんを野暮とした江戸っ子の罪は重い。

070820-01

田端の「かしやま」
駅を出るといきなりオーバーパスの車道に出る。
オーバーパスの橋桁のそばに店があって、何とも店に行くのに迷った。なかなか分かりづらい場所にあります。

070820-02

何頼んだんだっけ?春菊天うどんかな?
蕎麦と同様、自家製といううどんを食す。

ははぁー、成る程。
茹で置きではあったが、しっかりとした小麦粉の歯ごたえ、味、香り。
一般の立ち食いそば屋のうどんとは確かに一線を画すうどん。

汁がまた、実に醤油が濃厚。しかし出汁も効いている。
なんだかんだ言っても、自分は関東の濃口醤油たっぷりの汁に回帰する。
醤油を味わいたいのだよ、醤油を。

さらには天ぷらもしっかり旨い。

「かしやま」のうどんは決して洗練されたうどんではない。
そもそも関東のうどんに洗練、などという言葉は全く似合わないのである。
しかも立ち食いのうどんというのは、それで全く構わないのである。
タピオカデンプンとか入れて、不自然につるつるシコシコしたうどん何かより、素朴なうどんがやっぱり飽きずに旨い。
純粋で正統的な東京のうどんを立ち食いで食べられる、今や稀少な良店であった。
立ち食いの良店を駆逐しているのは、言わずと知れた「あじさい」である。「あじさい」の批判はいくら言っても言い足りない。

かしやま
東京都北区東田端1-17-20
TEL:03-3810-6554


070820-03

田端のこっち側の駅舎はとても都心の駅とは思えんなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Comment

  1. pie より:

    エン座の最寄り駅、石神井公園南口にも立ち食いの名店「山喜」というお店があります。
    もしご存じなければ何かのついでにお試しください。
    南口を出てすぐ、ミスタードーナツの向かいです。

  2. eg より:

    コメントの返信、大変遅ればせですが。。
    山喜、いずれ訪れてみたいと思います。これからも情報ありましたらよろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •