*

肉汁うどん助八@成増(武蔵野うどん)

R0018612

情報いただいた成増の武蔵野うどんの新店です。
商店街のちょっと外れの車道沿いにポツネンと。
ラーメン屋さんの居抜きのようです。広々とした厨房を囲う広々としたカウンター席。女性二人でやっていました。

R0018611

メニューは肉汁うどん一本勝負。サイドメニューはドリンクのみ。潔い。
すっかり食の細ってしまった自分は悲しくも普通盛りを注文。しばし待つ。

R0018608

うどん出てくる。
武蔵野うどんでは少数派の細麺だ。
普通盛りながらかなりのボリューム。300gとのことだがなるほど生麺で300gか。なかなかにしっかりボリューミーだ。大盛で50円アップ400g。(特盛り600g!この普通盛りの倍量は相当なボリュームだ)
つややかでほんのりクリーム色。でこの距離の写真だとわかりにくいが、

R0018609

少し寄る。

R0018610

さらに寄る。

つぶつぶが散らばる。全粒粉。

アツアツの器にたっぷりのつけ汁は具だくさん、アツアツ。
たっぷりの種々のきのこ、たっぷりのばら肉、ひき肉、そして角煮が一つ汁にひそんでいた。

食す。

細麺ながらムニムニしたしっかりとした食感のうどんは麺のみで食べても旨い。噛みしめるとほんのり小麦が香る。
きのこ類、肉類の具だくさんのつけ汁と共に食してもお互いに特徴を失わずに引き立て合う。これだけ具たっぷりだとご飯をおかずとともに食す感覚。アツアツのつけ汁は冷たく締められたうどんと共に食しても、最後までアツアツを保つ。器までアツアツなのも大きい。
そして汁に一つひそんでいる角煮。柔らかく煮こまれた角煮は小ぶりだけれども、他のキノコや肉達からはその存在を一線を画し、自己主張する。
ぶっちゃけ旨い。
細麺のうどんはこれまであまり好みではなかったけれど、これはちょっと認識を改めましたわ。普通盛り800円は正直お高く感じていたが、実際食べてみるとボリュームと言い、うどんと言い、つけ汁と言い、むしろお得を感じさえする。
卓上に用意される薬味が一味唐辛子にゆず一味というのも、これまた素敵。
も少し(自分ちから)近ければもっと頻繁に通えるが近からず遠からず。自転車で行ける範囲ではあるので(今回も自転車)、またしばらくしたら行ってみよう。再訪しよう。

(成増が埼玉じゃなく練馬区だと今知ったことは内緒。。)


R0018613


肉汁うどん助八
東京都練馬区旭町3-25-2


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Comment

  1. くまたろ より:

    成増は板橋区ですよー

    • eg より:

      くまたろさん、コメントありがとうございます。
      でしたねー。板橋区と練馬区の境のあたりに成増の駅はあって、こちらの店は駅から南西のギリギリ練馬区のところでした。この辺は土地勘がなくって。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •