*

古奈家@東大和市(武蔵野うどん)

新青梅街道の左車線をゆるゆると車を走らせていると、道脇に「田舎うどん」ののれんを見た。
ありゃ、こんなところにうどん屋があったのか。
通り過ぎてしまったので、脇道に入り、道を戻り店に入る。
帰ってからネットで調べてみれば、こんな目立つ場所にあるので、当然とっくに知られた店であった。

070328-01

東大和の古奈家である。
昼には行列が出来ることもあるらしい人気店のようだが、自分が行ったのは昼もすっかり終わっている2時近く。先客も誰もなし。

070328-03

さて、東大和で田舎うどんの看板を掲げるからには当然武蔵野うどんであろう。
メニューには、付け汁とも肉汁とも何とも書かれていないが、冒頭にある田舎うどんが付け麺のうどんに違いない。ので、躊躇無く田舎うどんを注文。

070328-02

田舎うどん出てくる。
見ての通り肉汁のつけ麺だ。
写真の撮り方がまずく写っていないが、うどんの端切れも乗っている。薬味のネギの他に、ほうれん草と細切りの大根も付いている。糧だ。
野菜天も付いてくる。天かすまで付いてくる。
まさに武蔵野うどんのフルコースではないか。
刻み海苔まで乗っている。
ここまでフルコースな武蔵野うどんもそうはない。

うどんであるが、若干飴色のうどんは噛みしめるタイプの、(最近自分が考えるところの)埼玉北部~群馬系の固腰系のうどんである。
多摩~埼玉南部によく見られる、柔系、色濃い系の武蔵野うどんタイプではない。
とは言え、実のところ一般受けするだろうは、このような固系・関東北部系のうどんである。正直旨い。
それでいて、このような武蔵野うどんフルコースである。しかも600円のリーズナブル価格である。
武蔵野うどん良店であった。うどんブログをやっておきながらこんな店を知らないでいた自分を反省しているところです。。


古奈家
東京都東大和市清水4-1108
TEL:042-562-0219

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •