*

さか枝@高松市(讃岐うどん)

私は2005年年末に香川へおもむき、讃岐うどん店巡りをしたのだが、その時が初の香川de讃岐うどんだったというわけではなく、それをさかのぼること更に数年、うどんに対して今ほどの特別の関心があったわけではない時に香川を訪れ讃岐うどんを数店食べ歩いている。(食べ歩いているんだから、それなりにうどんに関心があったわけでもあるが)

で、今回の「さか枝」はその時に行ったうちの一軒である。だから今回で2回目である。
なぜわざわざ2回目の店に行ったかというと、「さか枝」はいわゆる「大衆セルフ」の店。セルフさの度合いは各店によって様々だが、「一般店」とは異なり、うどんを受け取ったら、自分で天ぷらをチョイスしたり、ネギを乗せたり、はたまたうどんを自分でゆがいたり、出汁を自分で注いだりしなくてはならない。そして、2005年末の讃岐うどん巡りでは、「製麺所型店」と言われる製麺所でついでにうどんを食べさせて貰えるという、いわゆる穴場的なマニアック店を主に巡っていた。香川で「一般店」についでメジャーな「大衆セルフ」の店には1軒も寄らなかったのである。

さらに、最初に「さか枝」でうどんを食べた時の自分の感想は、「汁薄っ、醤油入れてー」というものだったのである。
その時からうどん経験値を上げた今、「さか枝」のうどんにどんな感想を自分が持つか知りたかったのである。

そんなわけで、「さか枝」再訪。

070523-01

何だか沢山の人がたむろってます。
以前来た時より人が多いです。

店内はほぼ満杯。
うどんを注文するカウンターには軽く行列が出来ています。
列に並び、順番が来たところでうどん中を注文(大中小とある)
どんぶりにうどん玉を入れたものを受け取る。
カウンターの前には湯をはった流しみたいな場所があるので「テボ」にうどんを入れうどんをゆがく。
天ぷらが乗った棚があるので適当に天ぷらを取る。
金を支払うタイミングがよくワカランが自分はここまでやった後で支払った。間違ってるかも知れないが、まあいいか。
それに更にネギなどの薬味を乗せ、最後にダシの入ったタンクからダシ(汁)をうどんに注いで、うどん完成。。

070523-02

ようやく空いてる席に着き、さっそく食す。
旨い。
以前に「薄い」「醤油入れたい」と感じた汁も、今ではすっかり出汁の旨さを感じられるようになっっていた。
強く主張する出汁ではないが、すっきりとおいしい出汁であった。
そしてうどんは、こちらもやはりムニムニとした弾力のある食感であった。東京で食す多くの讃岐うどんのような固コシのうどんとはやはり違う。旨い。

そして量多いっ。これで中。でもって安っ。旨っ。

「さか枝」は讃岐うどんの1つの特徴であるセルフ形式の作業の一通りをすることの出来ると言う点でもオススメできる。
東京でもはなまるうどんのようなセルフ形式の店が出てきてはいるが、出汁を自分で注いだり、特に、うどんを自分でゆがいたりするような店はまずないので、これはやはり香川でしか体験することの出来ないセルフっぷりだ。


さか枝
香川県高松市番町5-2-23
TEL:087-834-6291


070523-03

地元の常連客に、観光客も多数入り交じる賑わいであった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •