*

松岡@綾川町(讃岐うどん)

実は去年の秋にまたも香川に行ってまして、いや、これも近くまで行ったから、ついで、というか、何というか。。

これまでも何度かちらちら意見を言って来たが、この際ハッキリ言っておこう。
讃岐うどんは旨いと思うし、好きでもある。しかし、決して突出しているわけではない。他のうどんたちと同じく、その土地で旨いうどんの1つである。今回4軒の讃岐うどん店を探訪してハッキリしたのは、讃岐うどんはあくまで香川の地にあって旨いうどんだと言うことだ。にもかかわらず、讃岐うどんは日本各地に進出して、余所の地で過大評価されすぎているとも思うのだ。

さて。。

080209-16

1軒目は松岡。
店が見つからなくて、この辺りにあるはずというところを車で何度かぐるぐる回った。
香川県は市町村合併が著しいが、それにカーナビがついて行けてないというのも理由の1つだ。
もう諦めようと思った頃、ようやく見つけた。思った以上に目立たない。のれんに店の名もない。

ここはいわゆる宮武ファミリーだ。
宮武とは「あつあつ」とか「ひやあつ」といった独特の呼称のメニューを創設した有名人気讃岐うどん店であるが、その直系の店を俗に宮武ファミリーと言う。宮武やまうち、松岡、あたりやの4店だと思っていたが、最近では比較的最近出来た丸幸という店を入れて5店あるようだ。

で、他の宮武系の店は前述の「あつあつ」「ひやひや」・・・というメニューなのだが、この松岡は何故かそうは言わない。したがって注文したのは単にかけうどんである。

080209-17

さて食す。
旨い。
汁も旨いが、讃岐うどんの本領はやはり麺である。
モニモニとした食感に、一息ではかみ切れないような伸びやかな弾力のあるコシ。讃岐うどんで言うところのコシとはこういう事を言うのだろう。決して固いのをコシというのではない。
このあとで訪れた3軒でも同様にこの伸びやかなコシを強く感じた。香川外で食べた讃岐うどんはみんな別物何じゃないかというのを今回ハッキリ感じたのである。残り3軒のレポートでこのあたりを追い追い。

では今日はこの辺で。
毎日更新するブログ、Eg-Blogうどん店でした(近いうちに力尽きて、パッタリ更新しなくなる可能性大です。。)


松岡
香川県綾歌郡綾川町滝宮1722-3
TEL:087-876-0988


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •