*

加寿屋@藤井寺市(かすうどん)

関東は蕎麦、関西はうどん、ということに世間ではなっている。

もちろん、関東は蕎麦(でうどんはダメ)なんていうのは全くの誤りなのは、このブログでは最早言うまでもない。

しかし一方の関西はうどん、について、特にその中心たる大阪圏のうどんについて、自分の知見が足らないのも確かなのである。以前一度まとまって食べ歩いたことはあるが、どうもこれこそが大阪のうどん、というのにはあまり出会えなかった。大阪は讃岐うどんの侵蝕が著しいという印象も受けた。香川が近いせいだろう。生粋の大阪うどんは減りつつあるのかも知れない。

大阪のうどん、いずれちゃんと再チャレンジしてみたいと思う。

今回は寄り道で探訪した一軒のみ。

「かすうどん」は旧来の大阪うどん、新興の讃岐うどんとは別の流れにある、大阪うどんのニューウェーブか。古くから南河内地方で食されてきたとのことだが、ここ数年来、静かな広がりを見せているらしい。

前に一度取り上げているが改めて「かす」とは何ぞやと言うことを、今回の「加寿屋」のホームページから引用。

>「油かす」とは大阪の南河内地方で昔から食されてきた郷土料理です。

>牛の腸を油でじっくりと時間をかけて揚げ、余分な油分が抜けて肉の旨味が

>凝縮された、美味でしかも栄養価も高い食材です。まわりはカリカリと香ばしく、

>中はぷるぷるとした独特の歯ざわりが特徴です。

この「油かす」をうどんに乗せたのが「かすうどん」だ。

080207-01

カーナビに従って目的地にやって来たが店が見あたらない。ブックオフやラーメン屋がどーんと建っている。もしや店を閉めてしまったのか?と思ったが、よく見ると、駐車場のある広い敷地の道路側にプレハブ状の小さな小屋が。

080207-02

あぁ、こりゃ見落としていた。

080207-03

で、入り口。

お客さんで一杯だ。待たないと席に着けない。

ここで待つのは嫌なので、目の前のブックオフでしばしやり過ごし、再度店に。

今度はギリギリ席に着けた。

雰囲気はラーメン屋のそれである。

若い店員に、若い客。狭いカウンターと少しのテーブル席。とても賑わっている。

080207-04

そしてかすうどん。

麺は細め。とろろ昆布が関西のうどんっぽい。そして油かすがたっぷりと。

食す。

やぁ、人気店だけあって、やっぱり旨い。

油かすの脂っ気と肉っぽさが、旨いダシと良く合わさって濃厚なスープとなる。

細めのうどんは特段どうということはないが、かすうどんの主役はあくまで油かすだろう。

外はカリカリ、中はふわふわ、口に入ってしみ出す油はとってもジューシー。

本当は油かす追加してワシワシ食べたいところだが、悲しいかな私、年のせいで近頃めっきり油ものに弱くなってきてまして。。


加寿屋

大阪府藤井寺市沢田1-28-1

TEL:0729-54-6490


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •