*

いわしや@西宮市(讃岐うどん(関西))

夏らしくない天気が続きました。
でも夏は夏。
関西では8月末まで「関西ひやかけ王座決定戦」というのをやってる。
ひやかけ好きの自分はも少し便乗して、関西うどん屋のひやかけを。

R0016023

兵庫西宮のいわしや。
関西の讃岐うどん屋さん。
関西讃岐うどんではなくて関西「の」讃岐うどん屋と言ったのにはわけがある。

店に入って左手にカウンター。お盆を取って、天ぷらやその他サイドメニューを取りながらカウンターを進んで、最後にレジでうどんを注文して精算するという、香川ではお馴染みの標準的セルフスタイル。
東京でもはなまるうどんが進出して以降は今では馴染みになった。(はなまるに最初に行った頃はどうやって注文するのかとてもドキドキしたのを覚えてる)
ただしうどんは出来上がってから提供されるので、番号札をもらって席で待つ。

R0016022

訪れたのは去年の夏のことでした。去年の関西の夏は連日猛暑だった。もともと「ひやかけ」大好き。酷暑の中、当然のようにひやかけ。天ぷらはゲソ天かな?
食す。
なるほど、まさに讃岐の讃岐うどん。
先ほど関西讃岐うどんではなく、関西「の」讃岐うどん、と言ったのはここにわけがある。
西宮に居ながらにしてこれは本場で食べる讃岐うどんそのものだ。
すっきりした出汁は上品な中にもイリコのワイルドさを秘め、そして肝心のうどんはわりと「剛」な食感がら、このすっきりとしたひやかけの出汁にもよくからむ懐の深い繊細さも併せ持つ。

関西の地で独自進化を遂げている関西讃岐うどん(はがくれや釜たけなどに代表される)とは一線を画し、原点回帰の讃岐うどんらしい讃岐うどんだった。
かなりの人気店、昼時は少し外れた13時くらいだったのにほぼ満席状態。
これは香川まで行かずとも本場の讃岐うどんが食べられる。
(東京でも本場的なおいしい讃岐うどんを出す店は増えて来たけど、再現度という点ではまだどこか足りてない気がするのです)


いわしや
兵庫県西宮市山口町下山口3-12-20
TEL:078-903-3981

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •