*

[閉店]まるなが@戸越銀座(吉田のうどん)

mixiに都内吉田うどん情報が載っていた。極めて貴重な情報だ。
「さっそく行ってみたい」とコメントをつけたのち、「さっそく行ってみた」。

070309-01

場所は戸越銀座。
世田谷目黒品川あたりは、中央線西武線沿線を縄張りとしている自分にとって、最も苦手とするエリアである。
戸越銀座という名前はかろうじて頭にあったものの、東急池上線なんて電車が五反田から出ていることを初めて知った。

070309-02

駅前に商店街が続くがここに店があるわけではない。(何通りと言うのか分からないのだが)車道沿いに、どうやら店はあるようだ。

070309-03

その車道を越える歩道橋から下を除くと、なにやら電飾が施されたきらびやかな店が目に入った。(奥には首都高の出入り口が見える)

070309-04

うひょー。目的とするうどん屋は、およそうどん屋らしからぬド派手な店構えであった。
こんなうどん屋はちょっと記憶にない。
店の入り口にある券売機で食券を買って店に入る。
カウンターのみのお店。今時のラーメン屋っぽい雰囲気だ。
若い店主が1人。

注文したのは「わかめうどん」
吉田うどんのお店であるから当然「肉うどん」もあるのだが、馬肉でないかも知れないリスクを考えると、初注文としては無難にかけうどんが第一候補となった。しかし、かけだとちょっと寂しいので「わかめうどん」とした。

うどん待つ。
うどん出てくる。

070309-05

ぶっとい麺、そしてキャベツ。まさに吉田うどん。
うどん喰う。
ポクポクと固い食感。まさに吉田うどんであった。
そして汁。
見た目が真っ茶色で醤油ベースかと思ったが、かなり味噌も効いている。赤みそ?
これまでに食べてきた吉田うどんには無いタイプの汁であった。
それでもしっかり吉田っぽい。

070309-06

「こがし一味」と言う名で辛味も用意されている(「すりだね」とこのブログでは呼んでいたが、この店の用にゴマやその他薬味を加えていない場合は「すりだね」とは言わないのかも知れない)
そしてこれを汁に溶かせば、吉田うどん感倍増となった。

汁の風味から来る印象だと思うが、閉店してしまった神田「ゆやま」のようなスタンダードな吉田うどんとはちょっと違う、アレンジされた吉田うどんという感じだ。店内の雰囲気も座敷まで再現した「ゆやま」とは正反対の方向性だ。
しかし、肝心要のうどんの麺が全くもって吉田うどんなのである。
旨い。
これは今後もかなり期待大な店だ。
近いうちに再訪したいが、前述の通りこの近辺は普段全く立ち寄らない地区である。
であるが、こうなったら当然つけうどんも食べたいし、また食べに行くつもりである。

(そう言えば、天かす無かったな。。)


まるなが
東京都品川区荏原 1-22-4
TEL:03-3786-4777

ホームページがあって、色々詳しくのっている。

070309-07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Comment

  1. 地元民 より:

    最近、中国から来た店員さんにお任せしているようで、味・サービスが落ちました。
    残念です。

  2. eg より:

    どもども。
    これは、貴重な情報ありがとうございます。
    再訪するなんて行っておきながら、全く行っていませんでした。行っていない間に、残念なことになっているとは。。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •