*

武蔵野うどん さんきん@新中野(武蔵野うどん)

三寒四温。冬かと思えば春になるこのごろ。
今日は春。
ここ数年、この季節になると鼻が出たり、くしゃみが出たり、目がかゆくなったりするのだが、気のせいだろうということにしていた。
しかしながらさすがに観念してこれはあれだろうという自覚を持ったのが2年ほど前。しかし最後の意地で何らの防衛策もとらず、ノーガードで敵と向き合っておりました。
しかしそんな無防備には意地以外の何らの意味はないと悟り、今年は人生初めてアレ用の薬を飲んだり、マスクをしてみたりしています。
もっと早くそうすべきであったと思ったりしている今日この頃。

前置きが長くなりました。
小春日和の今日、別の目当てで新中野の鍋屋横丁、通称なべよこに出向いてみたらば、武蔵野うどん屋がありました。開店前だったので”別の目当て”のあと、開店しているのを確かめ早速入店。

110305-01

うどんメニューは肉汁うどんとカレー肉汁うどんのみ。カレーの値段も通常の肉汁と同値段。
では、肉汁で。

110305-02

白く太目の麺。薬味はねぎ、しょうが、糧。掻き揚げがデフォルトで乗っている。きくや的。
しかし実際食すとうどんはきくや系ではありません。
太い時点できくや系ではないが、比較的やわめでふわっとした感じは、どちらかというと群馬のうどん的。いずれにしても多摩埼玉の武蔵野うどんではあまり見られない系。
肉汁はやや甘め。最後に汁を飲んでいたら、うどん湯で割ってくれた。実に人の良さそうな店主であった。
都内にも武蔵野うどん屋が増えてきた。今後もこの調子で増えていくと、いずれは武蔵野うどんブームなんてのが来るのかもしれない。来てほしいような、来て欲しくないような。。


110305-03


武蔵野うどん さんきん
東京都中野区本町4-36-7
TEL:03-3381-4960

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •