*

テルメ小川@小平市(武蔵野うどん)

久しぶりに武蔵野うどん。

某掲示板にここのうどんがおいしかったと書かれていた。
調べてみると西武拝島線沿線じゃないか。会社帰りに行ける。
ということで、早速行ってきたのだ。

そしてここはうどん屋ではない。
日帰り温泉施設だ。
本当にうまいのだろうか。
しかし、公式ページ中にある「うどんの写真」を見ると、間違いない。うまそうだ。

060817-001

てなわけで早速も会社帰り、西武拝島線小川駅で途中下車。東大和市駅からの方が近いのだが、うっかり過ぎてしまったのだ。
長いこと西武拝島線を利用しているが、この駅を降りたのは初めてだ。 駅前には、、何にもない。

060817-002

公式ページには東大和市駅から20分、小川駅から24分とある。
どちらにせよ、歩くには長距離だ。
何にもない駅前をしばらく行くと府中街道。しばらく進むとやや賑やかになる。
そのうち青梅街道にぶつかり、今度は青梅街道を進む。
行けども、目指すテルメ小川はなかなか着かない。
蒸し暑さの中やや早足で進むと、20分弱ほどで目的地に到着しました。

060817-01

右の建物がそれだと思ったのでこんなアングルで撮ったが、これは単なるアパートだった。
少し奥に入ると見えてきたのがテルメ小川本体。
なんともゴージャスな建物だ。

060817-02

中にはいるとロビーはかなり広く、そして綺麗だ。
左手に食堂。
温泉に入らず、早速食堂へ。
どうやら食券制だ。
すばやく「小平名物 糧うどん」というのを見つけ、間違いない、これを購入。
カウンターで食券を出すと、「糧うどん」は20分くらいかかりますが良いですか?と聞かれる。よろしい。待とうではありませんか。茹でたてが食べられるのだろう。

060817-03

席に着き、文庫本を読みながらうどんを待つ。
あるいはメニューなんか眺めながら待つ。うどん以外にも色々なメニューがあるのだ。

060817-04

060817-05

うどん出てくる。
17分待ちといったところだ。

060817-06

おおー、うどんは飴色、地粉のうどんだ。麺は中太。やや縮れていて、実に旨そうだ。
糧(武蔵野うどん用語:茹で野菜)もたっぷり。さやインゲンに大根に茄子、それに刻みネギ。椀に入った付け汁は暖かく、油揚げがたくさん入っている。
(奥のおにぎりは別途注文したヤツだ)

こりゃもう間違いなく旨いよ。食べなくても分かるが、当然食べる。
旨い。
コシもほどほどにあるし、味もある。固さもちょうど良い。糧が武蔵野うどんの付け汁に良く合う。
武蔵野うどんは一般に肉汁うどんが特徴とされることが多い。それはそれでそうなのだが、やっぱり本来の食べ方に近いのは糧うどんの方だろう。そして旨いよ。
それに糧うどんは一般の武蔵野うどん店ではメニューにあるところは少ないのだ。

温泉屋さんの食堂の武蔵野うどん。
思いがけなくも、本格武蔵野うどんを食べることが出来るのだ。

はてさて、うどんを食べたついでに温泉に入る。てかそもそも温泉施設なのだ。

湯船や洗い場の広さは標準的。サウナやジェットバスもある。
温泉の色は暗くて良く確認できなかったのだが、かなり濃いめの飴茶色だ。
東京のボーリング温泉なのだ。1600mも掘ったとのこと。かなりの深さだ。

湯に浸かるとヌルスベッとする。かなり良い湯だ。
温泉から上がったら瓶牛乳を飲むのだ。

060817-07

たまに紙パックの牛乳を置いているところがあるが、アレは全然ダメだ。自分にとってかなり評価ダウンの対象となる。
テルメ小川の牛乳は当然ビンだ。しかも小岩井だ。これは評価アップの対象だ。

てことで、温泉の方もなかなか優れもの。
何故だか「@nifty温泉」でのクチコミ評価はあまりよろしくない。
平日800円、休日1000円が高いと言っている人が多いが、えー?たかいかなぁ。。
自分は「テルメ小川」、温泉に対してもうどんに対しても結構な高評価を付けたいと思う。

テルメ小川
東京都小平市小川町1-2494
TEL:042-344-1126

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Comment

  1. 小平っこ より:

    某掲示板に書き込んだものですw
    本当に行かれたんですねぇ。

    うちからは自転車でいけるんで、
    風呂に入って、ビール飲みながら
    ここのうどんと、生湯葉の刺身を
    いただくのが大好きです。

  2. eg より:

    おぉー、どもどもです。
    本当に行きましたw

    良いうどんだったし、温泉も良かったし、貴重な情報サンクスでした。
    自分にとっては、気軽には行けそうもないのがちょっと残念。

    また何らかの情報お待ちしてますです。
    (某掲示板書き込み翌日に早速行った今回のは、やりすぎだったかもと反省中。。)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •