*

讃岐うどん蔵之介@高田馬場(讃岐うどん(関東))

都区内のうどん屋さんを取り上げるのはこれまでどうしても後回しになってしまっていた。
それでもそれなりに有名店には行ってたりするが、有名店でも行ってない店も結構あって。こちら高田馬場の讃岐うどん蔵之介は初訪問だった。
GW企画でかけうどん祭り、今日29日のみ「濃厚いりこ出汁」ということで行ってみた。

R0016857

これは帰り際に撮ったんだけど行列ができている。
そして自分は開店前に着いたけども、すでに行列ができていた。
相当な人気店だ。

R0016854

並んでる間にメニューがリレーで流れてきたので目を通す。
つっても注文は決まってて「ひやかけ」(ひやあつもあるんで少し迷ったけども)
どうも自分は讃岐うどんではひやかけが好きなんだろうなあと、ようやっと思う。
釜玉やぶっかけなど、いろいろな食べられ方のある讃岐うどんだけど、やっぱり基本は「かけ」それも普通に出汁が温かい「あつかけ」なのだろうと思うのだけど。
それはわかってるけども麺も出汁も冷たい「ひやかけ」がメニューにあるとひやかけを頼んでしまう。

先ほどのまわってきたメニューにはいろいろトッピング、天ぷらなど載ってたけど注文したのは「ひやひや」の小に無料トッピングの天かす。(シケた客ですみません。。)
入店後ほどなくして店内は満員、すぐに再度行列が。すごいな。

R0016856

茹でたてを水で締めて丼によそわれて、そしてひやかけ(ひやひや)登場。
トッピングの天かすは別皿。
うどんはつややか、出汁も透明度があって実にうまそう。
では「濃厚いりこ出汁」をひとすすり。
おー、これはまったくもって讃岐のいりこ出汁。
香川の情景が蘇る。いやほんとに。
うどんは小麦がぎゅっとしてむにむにしてる。伸びは控えめ。
出汁は普段とは違うとのことなので、特別バージョンしか食べていないけどこれだけのうどんだったら人気も当然かと。いつもの出汁はどこまで讃岐してるのかな。東京でいりこ強すぎると慣れない人もいるだろうからなあ。
GW企画でかけうどんのみだったが普段はいわゆる讃岐のメニューは勢揃いで、そして最近は肉汁うどんもメニューにあるらしい。
これだけ讃岐うどんなうどん屋さんが肉汁うどん・武蔵野うどんを作ったらどんななのか興味津々。いずれ肉汁うどんも食べてみたい。しかし人気店、行列かあ。。
※肉汁うどんは期間限定のようです(2014年7月2日現在は肉汁うどんはメニューにありません)。
もしもこの記事を見て肉汁うどんを食べに行った方いらっしゃたら申し訳ありません。。

話が先にいってしまったけど、ひやひやのうどんを食べ進めて、でもってそののちにトッピングの天かすを入れてみた。コクは出るけどせっかくの出汁の香りがわかりにくくなるな。いままでは讃岐うどんでも天かすがあったら条件反射的に入れてたけど、そうじゃないなと思いました。今回結局七味も入れなかったし。讃岐うどんは出汁とうどんを邪魔しないようにしないと、と。入れた天かすをすくって先に食べてからまた出汁を堪能しました。


讃岐うどん蔵之介
東京都豊島区高田3-7-15
03-3987-9945

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Comment

  1. 平光 英司 より:

    さぬきうどん、いいですよね。

  2. eg より:

    コメントどもどもです。
    さぬきうどん、いいですね~
    讃岐うどん以外も良いうどんはたくさんあるけど、さぬきうどんは全国においしいうどん屋があるのもまた良いです。
    他のうどんはほぼ地元でしか食べられない。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •