*

うどん亭さくら@沼田市(上州うどん)

ゴールデンウィークが始まりました。
2年前の自分はGWに何してたのかな?と過去をひもといてみたらば、うどんを食べてましたよ。。

それも群馬県は沼田市。遠いです。
武蔵野うどん文化、つけ汁うどん文化を北方へ探索していた頃か。
沼田市のうどんは、岡林うどん店のインパクトが強かったので、他店は取り上げていませんでしたが、岡林うどん店、今回のうどん亭さくらともう一軒、都合3店を沼田市では訪問しておりました。

100429-01

意外なくらい今時な店、ファミレス風なうどん専門店。あたりまえにこんなうどん屋があるのは、そ れだけ、この地域ではうどんの地位が高いということの裏返しだと思う。

100429-02

あたたかいつけ汁系のうどんがトップメニュー。
きのこ汁、肉汁、カレー汁。
武蔵野うどんの地、多摩埼玉からは遠く離れている。武蔵野うどんを知ってか知らずか、群馬の北方 に武蔵野うどん、北関東うどん王道のつけ汁うどん。んー。
自分的にはここで感慨を覚えたのであるが、普通の人はそんなことは覚えないのである。

100429-03

100429-04

100429-05

肉汁を注文。
きんぴらは付け合せだったかな。北に行けば行くほどきんぴらは標準な気がします(西に行った吉田 のうどんもか。。)
かき揚げは別注。ほかに桜海老のかき揚げもあったのか。かき揚げもなかなかだった気がしますが、 桜海老はもっと惹かれるなぁ。

肝心のうどんは、しっかり腰の白色つるしこうどん。なるほど、やはり群馬のうどんという感じがし ます。
群馬のうどんは、基本白色。
その上で、ふわふわもにもに系や、またはがっしりつるしこ系が多いと感じますが、もちろんそれだ けにはとどまらず。

あぁ、書いてるうちに久しぶりに群馬のうどんを探訪したくなってきたのでした。


うどん亭さくら
群馬県沼田市上原町1756-96
TEL:0278-23-8234

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Comment

  1. コロリ@前橋 より:

    子どものころは、キンピラは普通でした。
    ちょっと油があるので旨みが増すと言ってました。
    おばあちゃんの時代は、うどんが半分主食だったので、付け合せや薬味をたくさん用意したようです。
    茄子を茹でて皮をむいて裂いたのや、茗荷や、その若芽を刻んだの。茹でた菜っ葉や天ぷらなどなどです。

  2. eg より:

    コロリさん、大変な遅レスすみません。
    茄子とか茗荷とか菜っ葉とか天ぷらとか、今の肉汁よりも非常にそそられます。本当に羨ましい。。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •