*

道頓堀今井@大阪市(小田巻き蒸し)

11月が終わる前に書いておかねば。
これは昨年訪問時のもの。

R0016323

大阪道頓堀の有名老舗うどん店、今井。常に賑わう道頓堀の商店街のど真ん中。出汁のこだわりが半端ない。
季節限定メニューが月ごとにあるのだけれど、毎年11月はあの小田巻き蒸し。

R0016322

「あの」って言っても自分が興味津々なだけなのだけれど、一言で言えば茶碗蒸しにうどんが入っているものだ。
かつては大阪東京のうどん蕎麦店で定番の一つ、主に酒のさかなとして食べられていたらしい。

だいぶ前に東京の老舗蕎麦店の小田巻き蒸しを何店かレポートしたが、そもそもの発祥は大阪とのこと。
東京の老舗蕎麦店の中では今でも小田巻き蒸しがメニューに残る店がいくつかあるが、しかし大阪ではとんと見かけない。作るのにとにかく手間がかかるらしく茶碗蒸しなので当然時間もかかる。そのためメニューから外されていったのだろうか。

R0016316

なかなかいいお値段><
ややひるんだのは内緒だが、これが目的なのだ。素知らぬ顔をして注文。
蒸される間、ビールを呑みつつじっと待つ。

R0016318

登場。
小ぶりの椀になみなみと。
表面に見える具は穴子、椎茸、三つ葉にかまぼこ、といったところだろうか。

R0016320

そして中にはうどんが潜んでいる。
うどんそのものは大阪らしい、主張をしないやわらかいうどん。大阪におけるうどんは汁物の具材の一つと感じるが、小田巻き蒸しではまさにメインの具材といったところだ。
表面に見えた具の他にも魚や百合根やなんやらと様々たっぷり入っている。
もちろん今井の旨い出汁は、小田巻き蒸しにもたっぷり含まれている。
ほんとうはビールじゃなくて日本酒なんかをやったあとに、こいつをやるのがいいのだろう。
こういうのを肴に自然と酒を呑めるようになったらなかなか渋いが、自分はまだまだそこまでの域には達していない。

あまり探していないので他に大阪のうどん蕎麦店で小田巻き蒸しを出す店を知らない。あれば知りたい。
今井でも11月のみの限定メニュー。


道頓堀 今井
大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-22
TEL:06-6211-0319


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •