*

肉汁うどん すずしろ家@練馬(武蔵野うどん)

つい最近唐突に特に脈絡もなく石神井公園の「肉汁やZERO」の記事を書いたばっかだが、どうやらさらについ最近、練馬に「肉汁や」の大将が関わったといううどん屋がオープンしたとのこと。これは何かの縁だろう。てなわけで行ってみた。

練馬には石神井公園の「肉汁やZERO」より先に「肉汁や」があった(今はない)。以前の店は練馬の駅からはだいぶ外れた商店街でもない一角にあったが、今回のお店は駅のすぐ近く。

R0017872

(この写真を見るに、すでにネットに上がってる記事を書いた人とニアミスっぽいなw)

さて。
広めの店内にはテーブル席がいくつか。中央らへんにはなんだかスペースがあって。
開店したてゆえ店員のオペレーションはまだ不慣れ。ぐーたりさんはオープンしてしばらくしてから店に行くと書かれていたが、なるほどなあ(さすがだなあ)と思うのです。店員も味も、それに客も開店してしばらくしないと落ち着かないのが常。
ともかくもうどん。
つけとかけ、それぞれに肉汁、カレー、それにけんちん。肉汁つけは基本的に石神井公園の肉汁やと同様のうどんのように思ったので今回はカレーのつけにしようと心に決めて店に来たのだけども、来てみたらランチメニューがあった。
肉汁うどん+炊き込みご飯と漬け物が付く。でもって付かない単品と同価格の750円。
あっさり心が振れてランチのセットを注文。さらに中盛まで無料と言われて、並盛の上の中盛に。
食が細ってるのに、食べたら以前以上に体の肉になるのがわかってるのに、結局お得メニューに行ってしまう。弱い心なのです。

R0017871

うどん。
乳白色のやや平たい太い麺。つやつや。
肉汁。
やはり(今の)肉汁やZEROと同様の透明な醤油つゆ。豚肉、きざみねぎ。
大根おろし。店の名のすずしろは大根の別名。練馬は練馬大根の言わずもがなの産地。
でもって、セットの炊き込みご飯に甘辛い感じのお漬物。

見た目通りガッツリ噛みしめるうどん。見た目はあっさりしたつけ汁だけれども味はしっかりしてるのでけしてうどんに負けずに絡んでくる。肉もたっぷり。石神井公園の店よりも練馬のこの店のほうが自分の家からはだいぶ近い。一直線に北へ向かうだけ。定点観測はこちらの店にするとしよう。

にしても次々と新しい店に関わる肉汁やの大将(とらのこグループというらしい)は前回も書いたけどずいぶんと精力的な方なのだろう。


肉汁うどん すずしろ家
練馬区豊玉北5-15-5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •