*

京橋浪花@京橋(路麺(関西))[閉店→リニューアル(京橋うどん)]

大阪の立ち食いうどん店、路麺店。
京橋浪花は大阪の路麺店で有名な店の一つ。

R0016634

ところで自分が大阪でうらやましいと思うのは、大阪の路麺店では「そば」より「うどん」の方がメインなこと。
東京では、そもそも路麺店は「立ち食いそば」と呼ばれるし。決して「立ち食いうどん」とは呼ばれない。
実際の注文比率も自分の観察する限り、1:9もしくはそれ以上で蕎麦。
東京の路麺店におけるうどんの地位は果てしなく低い。
しかし大阪では真逆と言ってよい。
路麺の主役は「うどん」。そばは脇役。
うらやましい。

店の内容からは話がそれたけど、この後にまた話がそれるのでまずは店のお話。
人気店なのでいつもにぎわっている。
が、冒頭の写真はたまたま人が少ないときだったので、もっと昔に行ったときの様子を改めて↓

DSC00672

アーケードの入り口にお店はあります。
道に席があって人が座ってるように見えますが、道に席があって人が座ってます。
まさに路麺。
細かいことはいいじゃない。自分はこういう雰囲気が大好き。
店にもカウンターは一応あるけど、結構せまいので道端の席に座った方が落ち着いて食べられる。
麺は細麺も選べるけど自分は普通の麺しか食べたことがなかった。
大阪のうどんは細麺も特徴なので、ちょっとしまったなと思ってる。

R0016633

麺は大阪のうどんらしいふんわりと柔らかい食感、汁はきちんと出汁の利いた味。まさに大阪のうどん。
前にもちらっと書いたかもしれないけど、大阪で大阪らしいうどんが食べられるのは実は路麺店ではないかと思ってたりする。大阪のうどんはもともと街角でさっと食べるうどんだったのではないだろうか。まったくの推論、まったくの未検証ですが。

さて、写真は天ぷらうどん。
エビ天だけど、エビは小さく衣が大変大きい。
しかしこの衣がほろほろと柔らかく崩れて、同じくほろ柔らかい麺と優しい出汁と三位一体となって実に良いお味となる。
しっかりおいしい大阪うどんです。

で、ここで。
うどんについてあーだこーだ言い続けてる自分ですが、どうしても麺や汁に先に目が行ってしまうのでまったく気づいていなかったことがあって、それが以下。

天ぷらうどんの天ぷらなのですが、単に天ぷらうどんというと大阪ではこのように「エビ天」が乗ることが多い。
そして東京で単に天ぷらうどんというと「かき揚げ」が乗ることが多い。
なるほど、どうしてこんな違いが生まれたか自分には今のところさっぱり分からないのだけど、これはたしかに違いがある。
大阪でかき揚げはもちろんあるしその場合、かき揚げうどんとなる。
東京でエビ天はもちろんあるしその場合、エビ天うどんとなる。
いやー、面白いです。
(面白いと思うのは自分だけ??)


京橋浪花
大阪府大阪市都島区東野田町3-9-21
TEL:06-6351-8495


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •