*

めんこや高円寺店@高円寺(武蔵野うどん)

高円寺に武蔵野うどんの「めんこや」の支店ができてたので行ってみた。めんこやは幡ヶ谷が本店だけど、他に五反田の支店と新中野のこめんこ屋もある。それらに続いての支店展開だろうか。
荻窪のMASAKIYAに続いての新店レポ。めずらしく自分のうどんセンサーが好調らしい。

R0017358

R0017355

環七沿い、中央線の高架から南に少し行った所。
店の前で店員さんがチラシを配ってたので一枚もらって店に入る。

R0017350

ピカピカの真新しい店内。
日本酒の一升瓶も並ぶ。夜は居酒屋仕様だろうか。

R0017352

チラシは店の説明。9月23日オープンとのこと。
と、その裏は、

R0017353

おー、割引券だ。これはチラシもらって良かった。ラッキー。

R0017348

メニューは本家と同じかな。
肉汁うどんは通常790円のところ、さっきのチラシで500円。迷わず肉汁うどんを。
肉汁うどんは、肉汁あげうどんと書いてある。(チラシでは肉汁うどん)

見込みゆでなしなので、茹で上がるのを待つ。
先客の他にも待つ間つぎつぎとお客さんがやってくる。

R0017354

そして肉汁(あげ)うどん。
(あげ)は(揚げ玉)のことだった。別皿で揚げ玉。
白くつややかなうどんが、きくや系でお馴染みの朱塗りのうどん鉢(これは宝来鉢っていうの?)に盛られている。
付け汁の肉はとろっと煮こまれたチャーシュー的なものが何枚か。割りとたっぷり。それにネギもたっぷり。

食す。

白いけど武蔵野うどんらしくギュッとしたうどん。固くて歯がたたないほどではない。付け汁も肉もほんのり甘め。チャーシュー様のとろとろ肉のあぶらがうどんに絡んでコクがある。
揚げ玉はエビ混じりでかなりエビの香りがする。香ばしいけど入れると付け汁の味がかなり変わる。自分は入れないほうが好みかな。

ということで基本的にめんこやのうどんそのものです。めんこやは幡ヶ谷本店も五反田の店も新中野の店も長く続いているし、支持される味だと思います。高円寺のこの場所でも続いてくれるかな。

高円寺は武蔵野うどん「とこ井」も頑張ってるし、しっとり小料理屋的讃岐うどん店の「さぬきや」はやや北側で環七を挟んで向かい側。北口には讃岐うどん「てんてこ」、目立たないけど「敷島」。かなりうどんの街になってきた。いい傾向。地元なんです。なくなっちゃた店もあるけども。
「たけるのママ四国屋」鍋横に移転してしまったのはだいぶ昔だけど惜しいなあ…。

R0017359

隣のビルには、わりと有名な江戸丸という路麺店。歩道にもテーブル席が出されている。環七を利用するドライバー(トラック、タクシー)がよく利用しているらしい。
めんこやの場所は前は大車輪という路麺店だったとのこと。その店は知らなかった。
後から来たおじさんが「あれ?店変わっちゃったの?うどんだけ?」って行って立ち去ってしまってた。

R0017356

他にもラーメン店などが並ぶ、そういう一角。


めんこや高円寺店
東京都杉並区高円寺南5-21-7
TEL:03-5913-9038

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •